本には決して書いていない、テクニカル分析の基本原理

テクニカル分析は名前を聞くと難しそうな印象を受けますが、そもそもどういったものなのでしょうか?
原理原則が分かってしまえば、決して難しいものではありません。
こちらでは、テクニカル分析の基本的な考え方について説明します。

テクニカル分析の基本的な考え方は「歴史は繰り返す」です。
FXの相場は一見複雑なように見えて、ルールに従って動いている部分があります。
例えば、おなじみのこちらのチャートですが、100日移動平均線でチャートが反発しています。
これはたまたま反発したチャートを掲載しているのではありません。
日足でも1時間足でも4時間足でも、同様の現象が確認できます。

テクニカル分析の考え方

理由は推測でしかありませんが、お金持ちもしくはアルゴリズム売買(機械の自動売買)がこのタイミングで大量に買っているのです。 そのため、何度も同じパターンが繰り返すことになります。
この現象をいち早く見つけることが、テクニカル分析なのです。
そして、一度見つけた勝ちパターンは、そのパターンが崩れるまで利用します。

上記のチャートだと、100日移動平均線でチャートが反発しなくなるまで利用するのです。
そして、次に有効なルールを探し、売買する。
この繰り返しです。

移動平均線で反発するような単純なルールもあれば、長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に突き抜けるような現象も良くルールとして利用されます。 一般にはゴールデンクロスと呼ばれる現象ですが、名前ぐらいは聞いたことはあるのではないでしょうか?

繰り返しますが、テクニカル分析の基本的な考え方は「歴史は繰り返す」です。
繰り返しているルールを見つけることが、テクニカル分析なのです。
次のセッション以降で、ルールを見つけるための考え方を順次説明していきますので、自分でこのルールを見つけることができるようになってください。

トレードで利用しているFX業者の紹介

FX取引(外国為替証拠金取引)で取引を行うには、取引を仲介する業者をはじめに選ぶ必要があります。この際、自分の取引スタイル、取引通貨等に応じた利益を出しやすい業者を選ぶ必要があります。こちらでは私がトレードに利用している業者を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

簡単操作・高機能な取引ツール!

相場分析を加速する、他社では
体験できない高機能な取引ツール

米ドル円0.3銭。14通貨ペア全てで驚きの低スプレッドを実現

クイック入金・オンライン出金手数料が無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 14ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 0.8銭原則固定 0.6pips原則固定

私がGMOクリック証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら