FX業者の提示レートを徹底調査!本気のスプレッド調査第一弾

FX業者は原則固定としてスプレッドの低さをアピールしていますが、相場が大きく動いたり、取引量が少ない時間帯だと公表しているスプレッド 値とかけ離れた値段を提示することが多々あります。そこで、今回の調査では以下の8社に対し、月曜日の相場が開いた直後の取引量が比較的少ない時間帯にドル円、ユーロ円、ポンド円のスプ レッドを調査しました。
調査の結果、調査対象業者の中で公表している基準スプレッド値と実績値が同じ業者は1社しかありませんでした。
それは、外為オンラインです。 調査結果を踏まえて、通貨別のスプレッドが低い業者は次の通りです。

○取引通貨ペアがドル円(USD/JPY)とユーロ円の場合のお勧め業者
1.GMOクリック証券(2012年世界のFX取引高ラインキングNO1)
2.外為オンライン(2012年世界のFX取引高ラインキングNO5)

GMOクリック証券が先頭を走っており、次の集団に他の業者が団子になっている感じです。
サブで2番手以降の業者を選ぶなら、自分が実際に使ってみて、使いやすければどこでも良いかなと個人的には思います。
なので、2番手には個人的におススメの外為オンラインを入れてます。公表しているスプレッド値と実績のスプレッド値が同じ唯一の会社であり、好印象です。

○取引通貨ペアがポンド円(GBP/JPY)の場合のお勧め業者
1. DMM FX(2012年世界のFX取引高ラインキングNO3)
2.外為オンライン(2012年世界のFX取引高ラインキングNO5)

ポンド円の取引については、先頭集団が団子状態です。 FXプライム、みんなのFX、外為オンライン、DmmFX.証券のどれを選んでも問題ないかと思います。 ただ、今回は相場の薄い時間帯にスプレッドの広がりをみたのですが、指標発表時などの取引が多い時間帯でも同じ結果がでるかは分かりません。 そこで、やはりおススメ業者としては取引量の多い会社を選びたいです。 取引量の多い会社は取引量の少ない会社と比べると、経験上、指標発表時にスプレッドが開きにくいためです。

◎スプレッド調査結果
FX業者の提示レートを徹底調査!本気のスプレッド調査結果
※基準値はFX公表のスプレッド値のことです。

トレードで利用しているFX業者の紹介

FX取引(外国為替証拠金取引)で取引を行うには、取引を仲介する業者をはじめに選ぶ必要があります。この際、自分の取引スタイル、取引通貨等に応じた利益を出しやすい業者を選ぶ必要があります。こちらでは私がトレードに利用している業者を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

簡単操作・高機能な取引ツール!

相場分析を加速する、他社では
体験できない高機能な取引ツール

米ドル円0.3銭。14通貨ペア全てで驚きの低スプレッドを実現

クイック入金・オンライン出金手数料が無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 14ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 0.8銭原則固定 0.6pips原則固定

私がGMOクリック証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

DMM FX

DmmFX証券

相場予測に役立つ売買比率情報提供!

全20通貨ペアで最低水準の取引コスト

大衆心理を確認する取引ツール(売買比率情報)搭載

クイック入金が、全国約370の金融機関で無料

今なら口座開設+取引で10,000円キャッシュバック!(スマートフォン取引500Lotで+10,000円)

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 20ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.6銭原則固定 1.1銭原則固定 0.7銭原則固定 0.5pips原則固定

私がDMM.com証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

外為オンライン

外為オンライン

初心者に使いやすい取引ツール満載!

トレード戦略に必須のディールスコープ搭載!

小額トレード対応(1,000通貨単位)で初心者向け

指定金融機関からの入出金手数料無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
1,000通貨 24ペア 無料 1銭原則固定 2銭原則固定 3銭 3銭 1pips

私が外為オンラインを使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら