FXポンド円の相場予想 来週の戦略(2014年1月4日)

先週のポンド円の動きを振り返りながら、来週のトレードについて考えたいと思います。

まずは、大衆心理を読み解きながら、どのようなトレードを行ったか、簡単に解説します。

ポンド円相場予測20140104-1

ポンド円、先週の前半(月〜水)は上昇し、後半(木、金)で下落する展開となっています。
図中にはDMM FXの売買比率をリアルタイムで確認した結果を書き入れています。

前半の動きはトレード記録で記載していますので、ここでは週後半の動きを振り返ります。

チャートを見ると、下落しながら、売りポジションが減っていく(=買いポジション比率が増えていく)様子が分かります。
このように下落するに連れて買いポジションが増加しだすと、さらなる下落の合図です。

考え方は売りポジションが増加した場合と同じですが、そもそもの考え方をご存知ない方は、「チャートを動かす大衆心理を利用してFX相場から利益を得る方法」を読んでみてください。

今回のチャートでいえば、売ポジション比率が51%になった時点が売るべきポイントでした。
記録は取っていたものの、ポジションの偏りに気づかず、今回は売れませんでしたが、
わずか5時間で買いポジションの比率が6%も上昇しています。
次回は逃さないようにしたいものです。

ポンド円相場予測20140104-2

続いて、来週のFX相場予想です。
チャートは日足です。

トレンドラインとEMA12でサポートされて反発する形となっています。

一つ目のチャートに戻りますが、大きく下落した後、売買比率はほとんど変わらず、若干の上昇傾向を見せています。

私の手法では買うタイミングではありませんが、売るタイミングでもありません。

売買ポジションの傾きが発生するまで、様子見ですが、2枚目のチャートに記載のトレンドラインとサポートラインが守られていますので、この中で来週も動く可能性が高いと見ています。

そのため、ポンド円は上方向に注意して相場を見守りたいと思います

来週からは仕事が始まる方が多いのではないでしょうか?

無理せず、ゆっくりと相場に取り組んでいきましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

トレードで利用しているFX業者の紹介

FX取引(外国為替証拠金取引)で取引を行うには、取引を仲介する業者をはじめに選ぶ必要があります。この際、自分の取引スタイル、取引通貨等に応じた利益を出しやすい業者を選ぶ必要があります。こちらでは私がトレードに利用している業者を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

簡単操作・高機能な取引ツール!

相場分析を加速する、他社では
体験できない高機能な取引ツール

米ドル円0.3銭。14通貨ペア全てで驚きの低スプレッドを実現

クイック入金・オンライン出金手数料が無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 14ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 0.8銭原則固定 0.6pips原則固定

私がGMOクリック証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

DMM FX

DmmFX証券

相場予測に役立つ売買比率情報提供!

全20通貨ペアで最低水準の取引コスト

大衆心理を確認する取引ツール(売買比率情報)搭載

クイック入金が、全国約370の金融機関で無料

今なら口座開設+取引で10,000円キャッシュバック!(スマートフォン取引500Lotで+10,000円)

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 20ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.6銭原則固定 1.1銭原則固定 0.7銭原則固定 0.5pips原則固定

私がDMM.com証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

外為オンライン

外為オンライン

初心者に使いやすい取引ツール満載!

トレード戦略に必須のディールスコープ搭載!

小額トレード対応(1,000通貨単位)で初心者向け

指定金融機関からの入出金手数料無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
1,000通貨 24ペア 無料 1銭原則固定 2銭原則固定 3銭 3銭 1pips

私が外為オンラインを使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら