FXポンド円の相場予想 来週の戦略(2013年12月29日)

先週のポンド円の動きを振り返りながら、来週のトレードについて考えたいと思います。

まずは、大衆心理を読み解きながら、どのようなトレードを行ったか、簡単に解説します。

ポンド円相場予測20131230-1

ポンド円、先週の前半は170円の前半から後半で上下していました。
図中にはDMM FXの売買比率をリアルタイムで確認した結果を書き入れています。

これを見ると、上下を繰り返しながら、売りポジションが増えていく様子が分かります。
このように上昇するに連れて売りポジションが増加しだすと、上昇の合図です。

売りポジションが増加すると、なぜ相場が上昇するのか分からない方は、「チャートを動かす大衆心理を利用してFX相場から利益を得る方法」を読んでみてください。

@の場所で数時間(大体5時間)で売りポジションの比率が5%以上増えています。
このような売りポジションの急激な上昇の後は、ポンド円も上昇することが多いので積極的に買います。
(トレード結果については、こちらを見てください)

Aの場所では@から若干売りポジションが増加しています。
これは、売りました人もいるでしょうし、損切できず、思考回路が停止している人がいることを示しています。
途中、少しばかりの押し目を作るためか、Bまで売りポジションはほとんど減りません。
そして、Cの上昇で売りポジションが損切もしくはロスカットされて終了です。
このような相場は最後の大きな上昇で、売りポジションがなくなると一旦終了します。

その後は、買いポジションが増えて、下落に転じます。

ポンド円相場予測20131230-2

続いて、来週の予想です。
先週のチャートに記載の短期のトレンドライン、サポートラインはいまいちはっきりとせず、大きなトレンドがでた後ですので、しばらくもみ合いになる可能性があります。

上の日足チャートに記載のトレンドライン、サポートラインを参考に無理のないトレード(相場が売りか買いに傾いた場合のみトレード)を心がけたいですね。

ポンド円相場の方向は依然上方向ですが、数円程度の下落はいつ起きてもおかしくないので、思い込みでの売買には注意しましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

トレードで利用しているFX業者の紹介

FX取引(外国為替証拠金取引)で取引を行うには、取引を仲介する業者をはじめに選ぶ必要があります。この際、自分の取引スタイル、取引通貨等に応じた利益を出しやすい業者を選ぶ必要があります。こちらでは私がトレードに利用している業者を紹介します。

GMOクリック証券

GMOクリック証券

簡単操作・高機能な取引ツール!

相場分析を加速する、他社では
体験できない高機能な取引ツール

米ドル円0.3銭。14通貨ペア全てで驚きの低スプレッドを実現

クイック入金・オンライン出金手数料が無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 14ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 0.8銭原則固定 0.6pips原則固定

私がGMOクリック証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

DMM FX

DmmFX証券

相場予測に役立つ売買比率情報提供!

全20通貨ペアで最低水準の取引コスト

大衆心理を確認する取引ツール(売買比率情報)搭載

クイック入金が、全国約370の金融機関で無料

今なら口座開設+取引で10,000円キャッシュバック!(スマートフォン取引500Lotで+10,000円)

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 20ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.6銭原則固定 1.1銭原則固定 0.7銭原則固定 0.5pips原則固定

私がDMM.com証券を使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

外為オンライン

外為オンライン

初心者に使いやすい取引ツール満載!

トレード戦略に必須のディールスコープ搭載!

小額トレード対応(1,000通貨単位)で初心者向け

指定金融機関からの入出金手数料無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
1,000通貨 24ペア 無料 1銭原則固定 2銭原則固定 3銭 3銭 1pips

私が外為オンラインを使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら