チャートを動かす大衆心理を読み解くディールスコープの使い方

ディールスコープ5  外為オンラインのディールスコープを利用し、FX市場の大衆心理から相場の方向を読み解く手法を説明しています。実際に予測する手法を順を追って解説していますので、外為オンラインに口座をお持ちの人であれば誰でも相場の方向を予測することができます。
コツさえつかめば相場予想は難しいことではありません。

大衆心理を理解すると相場の方向が予測できる理由

ディールスコープ6 まず、相場の方向を予測できる原理原則を説明します。FX相場の参加者は大きく3つのグループに分けることができます。
 @輸出入を行い代金を支払う/受け取る人
 A銀行をはじめとする機関投資家
 B個人投資家
@は一般に実需筋と呼ばれ、相場の基本的な方向を形作ります。その中でAの機関投資家とBの個人投資家が差益を狙ってトレードを行っているのです。

この機関投資家の中で短い期間での利益を狙うグループは、必ず上がる相場、必ず下がる相場を狙ってしかけてきます。

必ず上がる相場、必ず下がる相場!?
そんなものがあるのか!?と思った、あなた。FXの世界ではあり得るのです。

ネタが分かってしまえば単純な話なのですが、機関投資家は個人投資家のストップロスを狙って相場を動かすのです。個人投資家は資金量が少ないため、1円、2円も動けばストップロスになる方がたくさん参加しています。そこで、個人投資家の買いポジションが増えてくると、機関投資家は売りで攻めてくるのです。
そして、個人投資家のストップロスで、相場が大きく下がった段階で、売りポジションを買い戻すのです。これが必ず下がる相場の正体です。

逆に個人投資家の売りポジションが増えてきたときに、機関投資家が買いで攻めるとそれは必ず上がる相場となります。
この必ず上がる相場、必ず下がる相場に合わせて取引を行うためには、個人投資家の動きつまりは大衆心理を読み解く必要があるのです。

外為オンラインを利用して大衆心理を読み解く方法

外為オンラインのディールスコープは、パソコンから利用できる大衆心理を読み解くツールの代表格です。
そんな大衆心理から相場の方向を予測するのに、かなり使えるディールスコープですが、
最初はアクセスの仕方が分かりずらいと思います。
場所が分からなくて使っていない人も多いんじゃないでしょうか。
外為オンラインにログインして、「チャート」タブから「チャート(Java版)」を選択して起動します。すると、ディールスコープを起動する画面が現れます。

さて、ディールスコープですが、チャートと比較しながら使います。
下の図の上側がチャート、下側がディールスコープです。

チャートを動かす大衆心理を読み解くディールスコープの使い方1

ディールスコープ(図の下のグラフ)の見方ですが、一番上にある2本の線は買いポジションの人数と数量、真ん中は買いと売りの差分、一番下は売りポジションの人数と数量を表しています。

チャートを動かす大衆心理を読み解くディールスコープの使い方2

ディールスコープで重要なのは、真ん中にある買いと売りの差分のグラフです。ディールスコープ上で買いのポジションが多くなると、チャートが下落し、売りのポジションが多くなると、チャートが上昇していることが分かります。
チャートの動きとディールスコープ上の売買差分のグラフが上下逆の形になるため、ディールスコープを参考にポジションを取ることで、勝率を高めることができます。

(2014年5月26日追記)
ディールスコープを使った相場予測の基本的な考え方を説明してきましたが、少し応用編といいますか、使い方を補足したいと思います。ディールスコープで相場を予測できると聞いてもラインの引き方が難しいと相談を受けたからです。現在の相場を例に説明しますね。
なお、下のチャートはドル円の日足チャートです。

チャートを動かす大衆心理を読み解くディールスコープの使い方3

FX相場は個人投資家のポジションの傾きと逆方向に動きます。
このポジションの傾きをどう判断するのか?具体的な方法を書きますので、みなさん相場を予想してみてください。

■相場の方向を予測する手順
(1)終値が現在(本日)と同じ値位置にある日をチャートで確認
   (上のチャート上で横線と縦線の交わっている部分です)
(2)(1)で確認した日のポジションをディールスコープで確認

確認した結果、買いポジションが徐々に増加していることが確認できます。
そのため、ドル円相場は徐々に円高方向に向かうと予測できます。

続いて、ドル円の1時間足チャートです。
ドル円の日足チャートで相場の方向を予想しましたが、同じことが1時間足チャートでも可能です。

チャートを動かす大衆心理を読み解くディールスコープの使い方4

ドル円1時間足チャートを見ると、短期的には売りポジションが増加しており、上を目指す展開になりそうですね。
ちなみに、どの程度の時間に売り買いのポジションがどの程度変動すると、ポジションが傾いたと予想するのか?これはトレードを行う上での大きなノウハウです。
私はスマートフォンでトレードすることが多いため、ディールスコープは中期的なトレード予想にしか利用していません。中期的に上がることが見込まれるなら、「買うか買わないか」で対応するといった使い方をしています。
※最初にも書きましたがディールスコープはパソコンでしか使えません。
スマートフォンでポジションの傾きを判断する具体的な方法については、こちらで詳しく書いています。よろしければご覧ください。

ディールスコープが使えるFX会社

相場心理を読み取ることができるディールスコープが使えるのは外為オンラインだけです。
このツールは機関投資家も参考にしているといわれています。
個人投資家の買いポジションが増える傾向にあると、機関投資家は売りポジションを増やし、個人投資家の売りポジションが増える傾向にあると、機関投資家は買いポジションを増やすのです。
個人投資家は資金量が少ないため、機関投資家は個人投資家と逆の売買を行うことで、個人投資家のストップロスを誘発し、利益を上げています。
機関投資家と同じ視点でFXで勝つための大衆心理分析が手軽にできるディールスコープ、相場分析に必須のツールだと思います。
ディールスコープは外為オンラインに口座を開設すると、無料で利用できます。

トレードで利用しているFX業者の紹介

外為オンライン

外為オンライン

初心者に使いやすい取引ツール満載!

トレード戦略に必須のディールスコープ搭載!

小額トレード対応(1,000通貨単位)で初心者向け

指定金融機関からの入出金手数料無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
1,000通貨 24ペア 無料 1銭原則固定 2銭原則固定 3銭 3銭 1pips

私が外為オンラインを使う理由   今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら